農作物の工場生産と未来 後編

同じ品種の作物を畑などで、過度に作り続ける事は、生態系への問題を抱えるとして問題視している人々もいます。

土壌の微生物や害虫へ与える影響や、散布する農薬の問題など、多くの事を抱えながらも、農業に取り組む人々は、収入につながる作物や品種を選ばなくてはならないような状況のようです。

大量生産を安定したコストダウンとともに計る、農作物の工場生産は、様々な面において、その可能性と必要性について、多くの人々の間で論議されています。「きのこ」がハウス栽培される中、「きのこの王様」などとも呼ばれる、漢方の霊芝や冬虫夏草なども、人工栽培されるようになったそうです。

「幻のきのこ」が、人々にとっての身近な「きのこ」として栽培できるようになったのです。多くの人々が、高品質で安全な食品や作物を手にし、「食」する事のできる世の中は、戦後や、それ以前の飢饉の時代の人々にとっては、夢のようなパラダイスに見えるかもしれませんが、作物生産の工場化が生み出す未来への構築は、現代を生きる私たちの責任であるとも言えるのです。

Author

admin@stowawayrack.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です